やっぱり面白い!秀逸な「ライト・ペインティング」の作品

By in くりえいてぃぶ on 2013/12/17

シャッター速度(露光)を調節できるカメラと、携帯などのライトで十分楽しめる「ライト・ペインティング」。デジタル一眼が一気に普及してきたことから、手軽に楽しめる遊びとして最近また注目を浴びていますね。

そこで、世界で活躍するライトぺインターたちの作品をチェック!!

 





「LICHTFAKTOR – Darkest Hour Light Painting Video」

LICHTFAKTOR – Darkest Hour Light Painting Video from LICHTFAKTOR on Vimeo.

まるで光が生きているかのように表現された動画。
後半にはメインキング映像もあり、どうやってこのようなライトペインティング映像を作るのか、非常に参考になる動画です。

 

 


 

「PiKAPiKA Aichi Project Short Ver.」


ライトペインティング × 微速度撮影 × 音楽が非常にうまく組み合わさった長編作品。
メンバーや参加している方がとても楽しそうで、一体感を感じられてほっこり。

 

 


 

「Light Goes On」


こちらも凄く有名な動画ですが、いや何回観てもカッコ良い!
スケーターのガイコツがイケてる上に星空の画像なども綺麗で、作者の熱意が感じられます。
こんな作品が作ってみたいが、一体何百枚くらい撮影するのだろうか…。

 

 


 

「Klipsun Magazine: Light Painting How-To」

Klipsun Magazine: Light Painting How-To from Brett Flora on Vimeo.

見かけによらずちょい声高めのお兄さんが、ライトペインティングのやり方を色々と教えてくれるHOWto動画。
実際にシャッターを切って、よーいドンでペインティングしたり、観ていてとってもわかりやすい親切な動画です。

 

 


 

「Live action light painting // TECH:TEST」

Live action light painting // TECH:TEST from Anssi Määttä on Vimeo.

こちらの動画のように、静止画の連続ではなく、ライトの軌跡を残しながら動画にするのはどうやってるのだろう…。
やはり専用のAfとかで後加工とかしてるのかなぁ…。

 

しかし、ライトペインティングおもしろいですね!
次回は、今更ながら手持ちのカメラで実践レビュー!






Comments are closed.