「動物」をキーワードにした世界のおもしろ広告

By in くりえいてぃぶ on 2014/02/18


動物界にはインスピレーションのヒントがたくさんありそうだ!
と思わせてくれる、世界の秀逸広告たちが、いとをかし。

 




 

 

「バス × ヘビ」

zoo

デンマークのコペンハーゲン動物園のラッピングバス広告「Copenhagen Zoo: Snake Bus」。
見る人に強烈なインパクトを与えているが、実に怖すぎるぅ!小さいお子ちゃまは泣いちゃうかも。

 

 

 

「タイヤ × タコ」

tako

東洋タイヤの広告?
タイヤの滑りにくさを、タコの吸盤の吸着性と掛けているのでしょうか。
グラフィック表現が非常に面白いですね!

 

 

 

「靴 × コウモリ etc」

p_shoead_3p_shoead_7p_shoead_4

私も小学生の頃からお世話になっている「PUMA」ブランドの靴の広告が面白い!
動物のような軽々しさ、自由さを提供するというコンセプトでしょうか。もしそうだとしたら、製品開発時から広告表現まで、一貫して素晴らしいですね。

 

 

 

「マフラー × 羊」

100

英国老舗名門ブランド「PRINGLE OF SCOTLAND」の暖かいマフラーの広告…って、
いやこれは絶対寒いっしょ。

 

 

 

「バレンタイン × ゴリラ」

 

zoo_Valentines

ドイツのケルン動物園のバレンタイン時の宣伝広告。

日本では女性から男性へチョコを渡すとうのがバレンタインの習慣ですが、
ヨーロッパ諸国では、男性から女性へ花をプレゼントする「フラワーバレンタイン」が主流です。

男性を象徴する強うそうでセクシーなゴリラがとても印象的ですね。
「バレンタインは彼女と動物園へ」といった感じでしょうか。
(おでドイツ語わがんねっ)

 

 

日本にはない大胆な海外の広告表現は、素晴らしいインスピレーションを与えてくれますね。
勉強になります!

 



Comments are closed.